一般財団法人みちのく愛隣協会ホームページ

お知らせ詳細

(老健のぞみ)新型コロナ感染症疑い症例対応シミュレーション実施
 介護老人保健施設希望(のぞみ)では、去る11月12日(木)に「新型コロナ感染症疑い症例対応シミュレーション」研修を行いました。画像を交えた詳細報告は本ホームページのブログからご覧願います。
 今回のシミュレーションは、①安全かつ速やかに入所者の隔離を実施する。②安全にPPE(標準予防衣)等の着脱ができる。ことを主な目的に開催しました。
 内容としては、新型コロナ感染症疑い症例の確認を受けて、①看護師が副施設長に報告、②居室内での隔離、③副施設長の指示により隔離の準備、④施設内隔離のため入所者の搬送、⑤施設長や法人対策本部への報告、⑥コロナ検査のための検体採取、⑦PPEの着脱の研修などを中心に看護職員、介護職員が参加して行いました。
 今後とも、特にPPEの着脱などの訓練を反復して行うとともに、入所者や利用者の皆さんが安心・安全に施設利用していただけるよう、感染対策に取組んでまいります。
大きい画像はこちら
一覧に戻る

↑上に戻る