わたしたちは「信頼」と「愛情」の心で作る地域リハビリテーションという仕事に日々、がんばっています。

一般財団法人みちのく愛隣協会は、東八幡平病院の運営を中心に、介護老人保健施設希望(のぞみ)、訪問看護ステーションのぞみ、八幡平市在宅介護支援センター・松尾ブランチ、さらには指定居宅介護支援事務所のぞみを併設し、保健・医療・福祉の連携を推進しながら盛岡の西北地域での中心的な役割を担っています。

また、看護部門、リハビリ部門、介護・居宅サービス部門、栄養部門のそれぞれが連携し、地域リハビリテーションの推進に努めています。

一般財団法人では看護部門、リハビリ部門、介護・居宅サービス部門、栄養管理部門の四つか連携しています。

看護

看護部門 (看護職員/介護職員88名)

看護部門は、多職種と連携し患者さんの生活を支えるリハビリ看護を実践しています。また、新入職員・中途採用者にプリセプターが中心となり、管理者・チーム全員で一人ひとりを支援しています。

訓練

リハビリ部門 (理学療法士/作業療法士/言語聴覚士/臨床心理士/医療社会事業士52名)

リハビリ部門は、理学療法科、作業療法科、言語聴覚科、臨床心理科、医療社会事業科の五科からなり、脳血管疾患や整形外科疾患の患者さんに対し、機能訓練と在宅生活を見据えた回復期リハビリテーションを実施しています。

栄養

栄養管理部門 (管理栄養士/栄養士/調理師/調理員20名)

直営で、病院と老人保健施設の食事を同一厨房にて業務を賄っています。八幡平の土地柄を生かし地元食材を積極的に取り入れた食事を提供し「食が健康の架け橋」になるよう貢献しています。

介護

介護・居宅サービス部門 (看護職員/介護職員/理学療法士/作業療法士/介護支援専門員52名)

介護部門では、在宅復帰を目指し、多職種と連携を図り、利用者様が安心して生活できるようにチーム一丸となり支援しています。新入職員、中途、未経験の方でも、安心して働ける職場です。

特色

東八幡平病院はリハビリテーションの専門病院であり、研修などの学べる環境も整っています。

特色はこちら

福利厚生

みちのく愛隣協会では、託児室、送迎バスなど充実した福利厚生制度があります。

福利厚生はこちら

インタビュー

「働いてよかったと思える職場ですか?」職場で働く先輩にインタビューしました。

インタビューはこちら

各部の活動

部門ごとで研修や活動を行なっています。

看護部の活動を見る
リハビリテーション部の活動を見る
薬剤科の活動を見る
臨床検査科の活動を見る
診療放射線科の活動を見る
訪問サービス部の活動を見る
栄養管理科の活動を見る

募集職種・要項

これからの地域包括ケア支援体制に向けた人材育成や教育研修事業に取り組む
総合研修センターを含めた地域交流総合センターを一緒に目指していきませんか?

トップに戻るボタン